数理物質系
english

ニュース

    • 2017/1/4   「簡単・便利な超伝導計測 100倍精度の計測を非専門家の手で」研究会

      TIAかけはし(連携プログラム調査)研究課題「簡単・便利な超伝導計測 100倍精度の計測を非専門家の手で」のブレインストーミング研究会を下記の日時場所で開催しました。

      日時: 2017年1月4日 14:00 - 17:20
      会場: 物質・材料研究機構(NIMS)千現地区 本館一階会議室
      参加者: 27名

      本研究課題では、多様な分野で実際に使える超伝導計測技術を提供することを目指している。広い提供が実現した暁には、既存の半導体計測機器にとって変わり、100倍高精度な計測能力を多くのユーザーが利用可能となる。このような計測デバイスの産業革命を目指して、KEK, NIMS, AIST, 筑波大, 東大の連携研究をスタートした。超伝導計測分野の主流は、究極性能の追及を優先して1ケルビン未満の温度下で使用する開発であった。一方、温度仕様制限を緩めることで、「簡単・便利」を実現する有力パスとなる可能性もある。本研究会は、そこに焦点をあてて計測アイデアを検討した。

      プログラム
      14:00 - 14:05   はじめに 田島治 (KEK)
      14:05 - 14:25   STJの応用アイデア紹介浮辺雅宏 (AIST)
      14:25 - 14:45  ボロメトリックな応用アイデア紹介 高橋浩之 (東大)
      14:45 - 15:05   KIDの応用アイデア紹介  美馬覚  (理研)
      15:05 - 15:25   GM、 PTC、冷媒等の重機器以外の可能性検討 田島治  (KEK)
      15:25 - 15:45   議論
      16:00 - 16:20   高温超伝導材料の適用可能性  高野義彦 (NIMS)
      16:20 - 16:40  冷却エレクトロニクス・SOI低温アンプ 武内勇司 (筑波大CiRfSE)
      16:40 - 17:00 室温エレクトロニクス・安いKID読み出し装置 小栗秀悟 (KEK)
      17:00 - 17:20 議論

    • 2016/11/10   第2回光・量子計測シンポジウム

      第2回「光・量子計測シンポジウム」を11月10日9:30-17:20に、つくば国際会議場にて開催いたしました。 「光・量子計測」はTIA5機関(産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、筑波大学、高エネルギー加速器研究機構、東京大学)の高度な光・量子計測技術の力を結集し、新しい科学と産業の創成を目指すため、基礎物性研究を推進します。高性能な光・量子発生技術開発、光・ 量子検出器と先端的計測技術法開発、および光・量子ビーム利用による基礎物性研究を推進します。 本シンポジウムは、講演会&ポスターセッションから構成されており、研究者間の交流を深めることができました。 全国から100名を超える、ご来場者を迎え盛況のうち無事終了いたしました。

      日時: 2016年9月2日9時30分〜17時20分

      会場: つくば国際会議場

      主催:高エネルギー加速器研究機構、TIA光・量子計測MG
      共催:産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、筑波大学、東京大学
      後援:TIA、茨城県、つくば市、つくばサイエンスアカデミー

      シンポジウム資料

    • 2016/9/2   第1回SOI-STJ研究会

      2016年9月2日15時から、第1回SOI-STJ研究会を筑波大学自然学系棟B118で開催しました。SOI-STJ検出器は極低温SOI増幅器と超伝導トンネル接合素子(STJ)赤外線検出器を一体化した新型検出器で、その開発は数理物質融合科学センター光量子計測器開発推進室の推進プロジェクトの一つです。この検出器開発は数理物質融合科学センター宇宙史国際研究拠点で強力に推進している宇宙背景ニュートリノ崩壊探索実験(COBAND実験)に用いるために行っていますが、それ以外にも遠赤外線1光子検出器として夛くの分野での応用が期待されます。本研究会では学外から宇宙航空研究開発機構、関西学院大学、KEK、福井大学、近畿大学、産業技術総合研究所の研究者10名、学内研究者・院生6名、総勢16名が参加して、SOI-STJ検出器の開発研究およびCOBAND実験準備についての報告・議論を行い、情報共有と研究進展を推進しました。

      日時: 2016年9月2日15時〜18時

      会場: 筑波大学自然学系棟B118

      出席者(敬称略): 金信弘(筑波大)、武内勇司(筑波大)、武政健一(筑波大)、八木俊輔(筑波大)、若狭玲那(筑波大)、 和田武彦(JAXA/ISAS)、長瀬晃一(JAXA/ISAS)、松浦周二(関西学院大)、新井康夫(KEK)、倉知郁生(KEK)、 吉田拓生(福井大)、浅野千紗(福井大)、加藤幸弘(近畿大)、志岐成友(産総研)、藤井 剛(産総研)、笠原宏太(筑波大)

      プログラム

      15:00 - 15:40  SOI-STJ4極低温アンプ性能評価 八木俊輔 (筑波大)
      15:40 - 16:00  STJ光応答試験 若狭玲那 (筑波大)
      16:00 - 16:15  遠赤外線光源開発 浅野千紗 (福井大)
      16:15 - 16:45 SOI-STJ作成開発 藤井剛 (産総研)
      16:45 - 17:00 SOI-STJ5極低温アンプ設計 武内勇司 (筑波大)
      17:00 - 17:20 最近のISASロケット事情 松浦周二 (関西学院大)
      17:20 - 18:00 議論

    • 2016/03/02   第1回光量子計測器ワークショップ

      2016年3月2日13時から、第1回光量子計測器ワークショップを数理物質融合科学センター光量子計測器開発推進室とTIA光・量子計測の共催で、筑波大学総合B棟0110室において開催しました。

      ホームページ

      日時: 3月2日13時

      会場: 筑波大学総合研究棟B0110室

      プログラム:  
      13:00 - 13:05  開会の挨拶 金 信弘 筑波大数理物質系CiRfSE
      13:05 - 13:35  超伝導検出器とSOI極低温アンプ 武内 勇司 筑波大数理物質系CiRfSE
      13:35 - 14:05  超伝導検出器の生体分子研究利用  冨田 成夫 筑波大数理物質系CiRfSE
      14:05 - 14:35  分光分析による表面物理化学  近藤 剛弘 筑波大数理物質系CiRfSE
      14:35 - 15:05  SOIピクセル検出器とその応用   新井康夫 KEK素粒子原子核研究所
      15:05 - 15:35  放射光X線回折  西堀 英治筑波大数理物質系CiRfSE
      15:35 - 16:00    休憩 
      16:00 - 16:30  放射光単色X線、cERL等でのX線イメージングの開発とその応用 兵藤 一行 KEK物質構造科学研究所
      16:30 - 17:00  BNCT治療と計測器 安岡 聖 筑波大医学医療系
      17:00 - 17:30  脳神経外科診療と計測・イメージング 鶴田 和太郎 筑波大医学医療系
      17:30 - 17:50  シリコン電磁カロリメータ等 江角 晋一筑波大数理物質系CiRfSE
      17:50 - 18:10  宇宙線を用いた大型構造イメージング 高崎 史彦 KEK素粒子原子核研究所

      このワークショップは、光量子計測器に関する情報の共有、融合共同研究、新型計測技術の創出、産業・社会への応用を推進するために、理工連携・つくば連携のもとに光量子計測器開発研究の情報交換と議論を行うことを目的として筑波大学数理物質融合科学センター光量子計測器開発推進室が主催してTIA光・量子計測の共催で開催されました。 KEK、産総研、東京大学からの参加者を含めて22名の研究者が参加し、約5時間半にわたって興味深く貴重な研究内容の講演と活発な議論が行われました。特に、医学医療系の講演者2名による講演と議論によって、計測器の医学利用に関する新たな情報が共有できました。光量子計測器開発研究推進に向けて実りの多いワークショップとなりました。


    • 2015/11/30   光量子計測器開発推進室発足会議

      2015年11月30日15時から、光量子計測器開発推進室発足会議を計算科学研究センター・ワークショップ室で開催しました。

      日時: 11月30日15時

      会場: 計算科学研究センター・ワークショップ室

      発足会議プログラム:
      15:00 - 15:10  推進室概要 金 信弘
      15:10 - 15:30  超伝導検出器 武内 勇司
      15:30 - 15:50  SOIピクセル検出器    原 和彦
      15:50 - 16:10  超伝導検出器の生体分子研究利用  冨田 成夫
      16:10 - 16:30    休憩 
      16:30 - 16:50  放射光X線回折  西堀 英治
      16:50 - 17:10  分光分析による表面物理化学  近藤 剛弘
      17:10 - 17:25  宇宙線を用いた大型構造イメージング 原 和彦
      17:25 - 17:40   シリコン電磁カロリメータ等 江角 晋一

      この会議は、筑波大学数理物質融合科学センター光量子計測器開発推進室の発足式であるとともに、推進室が目指す、光量子計測器に関する情報の共有、融合共同研究、新型計測技術の創出、産業・社会への応用を推進するために、理工連携・つくば連携のもとに光量子計測器開発研究の情報交換と議論を行うことを目的として開催されました。 KEK3名、産総研2名を含めて15名の研究者が参加し、約3時間にわたって研究内容の講演と活発な議論が行われ、光量子計測器開発研究推進に向けて実りの多い研究会となりました。




光量子計測器開発推進室

数理物質融合科学センター光量子計測器開発推進室は、宇宙史国際研究拠点と環境エネルギー材料研究拠点が協力して、光量子計測器に関する情報の共有、融合共同研究の推進、新型計測技術の創出、産業・社会への応用を推進するために、また、つくば地区連携の光量子計測器開発研究の大学拠点として機能することを目指して、設立されました。 推進室は両拠点から各3名の教員が構成員として参加し、KEK・産総研等の研究機関と連携して、つくば光量子計測工房を形成して、先端基礎科学と最新産業応用のための光量子計測器開発を推進します。現在TIA-ACCELERATE(光量子産業応用イニシアチブ)の光量子センシングスクエア(光量子計測技術開発)において、つくば連携で超伝導検出器、SOI技術、大型構造イメージングの光量子計測器を開発していくことになっています。光量子計測器開発推進室は、この開発研究の筑波大学の活動拠点として機能します。

(図をクリックすると高精度版になります。)




筑波大学  数理物質系
〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1

Last update: 24 Nov 2015